セパレナ

1.着物スカートの裾の長さを決めます。

背面で着物スカートを広げます。紐通しのある方を左手に、反対側の端を右手に持って、両手を広げます。裾の高さを合わせて持ち上げます。

2.前幅の位置を決めます。

左手の布の端を右腰の一番出っ張っているラインをぎりぎり隠すように位置を合わせます。右手の布をピンと張り着物がおしりから離れないようにします。

3.着物スカートを巻きます。

前幅の位置がずれないように静かに左右を入れ替え、左側が上に来るようにスカートを巻きます。左右を入れ替える際、右手の裾端を10cm程度上に上げます。左右の紐は外に出しておきます。

4.紐を通します。

スカートの位置がずれないように押さえながら、左右の紐を腰のうしろの紐通しに通した後、腰の左右の紐通しにも通します。

5.前で紐を結び、着物スカートを固定します。

着物スカートが緩まないように結んでください。
着物スカートは完成です。

6.着物上着の衿にあるホックを留めます。

着物上着の衿を半分に折ってホックを留めてください。

7.上着を羽織ります。

左右の手で、衿のつなぎ目を合わせて顔の中心でピッタリ合わせると左右の位置が均等になり、背中の縫い目が背中の中心にきます。

8.着物の衿を整える。

襦袢の衿と着物の衿を重ね合わせます。

9.前身ごろを合わせます。

右手側の紐を左脇に空いている穴に通し、左側の身ごろが上になるようにかぶせます。

10.紐を背中に廻します。

左右の紐を背中に廻して前に持ってきます。

11.紐を前で結び、上着を調えます。

喉のくぼみが隠れる位置で衿を合わせ、紐を前で結びます。背中と前身ごろの縦ジワを脇方向へ寄せ、左右対称に両手で上着の裾を引っ張りたるみを取ります。